診療案内 人工透析

私たちは患者さんにより良い人工透析治療を提供できるよう日々努力しています

厳密に管理された透析液

当クリニックではより良い透析治療を提供するために、透析液の清浄化と透析液の品質管理に最新のシステムと技術を取り入れています。透析液の品質管理がいきわたっていない透析液を長期にわたって繰り返し使用すると体に炎症が起こり、さまざまな合併症を誘発する要因となります。

設備面のみではなく臨床工学技士によりエンドトキシンの測定や生菌検査を日頃からおこない徹底した品質管理を努めています。
また、無酢酸の重炭酸透析液「カーボスター」を使用することで、透析中の血圧低下・頭痛・嘔気・倦怠感・痒みなどの症状軽減、透析帰宅後の疲労感軽減、食欲増進、貧血改善と様々な効果が出ています。

徹底された安全性

患者さんと接する時間を大切にするため、全自動透析装置と透析支援システムを導入し、ヒューマンエラーによる医療事故・感染事故の危険性を軽減。
安全性を確保した効率的な治療により、患者さんと向き合えるゆとりのあるケアに努めています。

快適な環境づくり

人工透析治療中、寒かったり暑かったりと不快に思われる方が多いですが、当クリニックは患者さんに直接風があたらないように空気の吹き出しをふんわりさせるように、工夫しています。
さらに、年中一定の湿度を保てるシステム「モイストプロセッサー」を導入。夏は除湿・冬は加湿をおこない、夏も冬も快適に治療を受けられます。
安全性も考え透析室はワンフロアーで何処からでも目がいきとどくように工夫しています。

チェアベッド(リクライニング式のソファチェア)とフラットベッド(通常のベッド)の両方を準備し、患者さんに合わせた対応を行っています。
いずれのタイプのベッドも電動式であり、御自身でお好きな姿勢に調整できます。

合併症対策

透析歴が長くなるにつれ様々な合併症が発生する可能性があります。当クリニックでは合併症の発症を低くするため、周辺の病院と連携し迅速かつ適切な治療をサポートしています。スムーズな連携システムにより患者さんの利便性も向上しています。また特殊な透析治療としてオンライン血液濾過透析や間歇補液血液透析などの治療にも対応しております。

送迎バス

通院困難な方のために、送迎バスを運行しております。費用負担はありません。

バスの写真

診療時間

人工透析
午 前
午後・夜間 - - -

※休診日:日曜日

お気軽にお問い合わせください 0567-28-3711

MENU

たやす腎クリニック

愛知県津島市愛宕町4-52-1

お問い合わせはこちら 0567-28-3711

お問い合わせはこちら touseki@tayasu-kidney.com

MAP

地図

詳細はこちら >>